GIGAスクール構想により、生徒一人に一台配られたタブレットですが、国から各自治体に出された予算はタブレット1台分だけ。本体以外の予算はないので、周辺機器(ガジェット)については何も配られていない学校がほとんどです。

 タブレットで文字を入力することはできても、字を手書きしたい時があります。学校によってはタブレットでノートをとる授業もあります。

 タブレットに手書きの文字を書くときに、指で綺麗に描くのはかなり至難の技です。ちょっとしたメモ程度ならば良いですが、ノートを書くとなればタッチペン(スタイラスペン)が必ず必要になるでしょう。中学生、高校生、大学生と年齢が上がるにつれ、スタイラスペンを使う機会も多くなるでしょう。

 この記事ではスタイラスペンの利便性や、おすすめのスタイラスペンを紹介していきたいと思います。

数学の先生

今やスタイラスペンは鉛筆と同じ!1本筆箱の中に入れておこう!

 スタイラスペンとは

 スタイラスペンとは、タブレット端末などの液晶デバイスの画面に文字を書いたり、ディスプレイを操作をしたり、文字を書くためのペンです。

 タッチペンとスタイラスペンは基本的には同じ意味で用いられますが、タッチペンは、タッチ操作ができるシンプルな機能のものをタッチペンと呼び、その中で筆圧検知、傾き検知などの機能を備え、文字を書くことに特化したものをスタイラスペンと呼びます。

数学の先生

学校のタブレットで勉強するなら、スタイラスペンは必須!

 スタイラスペンを勧める理由

 タブレットが一人一台配られ、ほとんどの授業で使われているので、タブレットに字を書く機会も増えています。

 そのような状況でもスムーズに授業を受けることができ、今後は自宅学習でもタブレットを使う機会が増えてくると思うので、鉛筆やシャーペンと同じように、筆箱に一本スタイラスペンを入れておくことをおすすめします。

 ここで注意してほしいことは、お勧めしたいのは、タッチ操作ができるだけのタッチペンではなく、パームリジェクション機能がついたスタイラスペンだということです。

 パームリジェクション機能とは、ペンで画面を操作しているときは手で触った操作を無効にしてくれる機能のことです。

 ペンで書くとき、書いている手が画面に触れていますよね?パームリジェクション機能がついていないタッチペンではどちらも端末が反応してしまうので、どうしても誤作動が多くなります。よって、パームリジェクション機能がついているスタイラスペンを強くおすすめします。

 それ以外にも筆圧検知や傾き検知などの機能が付いたスタイラスペンがありますが、機能が増えれば値段も上がります。パームリジェクション以外の機能は「ノートを書く」ことをメインで考えれば、さほど必要な機能ではありません。

(iPadやChromebookなどの端末によって対応しているスタイラスペンがあるので購入の際には必ず確認をしましょう。)

数学の先生

iPadやChromebookなどの端末によって対応するスタイラスペンがあるので、購入の際には必ず確認しよう!

 おすすめのスタイラスペン7選

1.Apple Pencil第二世代 

 1番のおすすめは間違いなく純正ApplePencil第二世代。書くことに必要な機能は全て搭載されていて、特に本格的なイラストを描くのなら筆圧検知機能がついたこのペンが必ず必要になります。しかし値段も約18,000円と高額です。

 注意が必要なのは、現在学校で配布されているiPadは第8世代なので、Apple Pencil第二世代は対応していないということ。次に学校がiPadを新しく購入したとしても、せいぜい第10世代だと思うので、学校で配布されたiPadがApple Pencil第二世代に対応するのは、まだまだ先の話だと考えられます。

2.Apple Pencil第一世代

 学校で配布されたiPadに対応しているのがApple Pencil第一世代。性能としては文句のつけようがなく、学校のiPadに直接挿して充電できるため、学校で使うことを考えるなら間違いなくこれが1番になるでしょう。

 こちらも第二世代が発売されたとはいえ、約15,000円と値段は高いです。第二世代が発売されているので、中古などで安く手に入れることもできるかもしれません。

3.GOOJODOQ

 ペンの頭を長押しすることでペンの電源をON,OFFが切り替えることができ、iPadの側面で張り付けて充電できるApple Pencil第二世代の代わりとなれるスタイラスペン。筆圧検知や、ダブルタップで鉛筆と消しゴムを切り替える機能はありませんが、ノートに文字を書くことをメインで考えれば、十分な性能があります。値段も約3,000円で購入でき、Apple Pencil第二世代の5分の1程なので、たいへんコスパのよいスタイラスペンとなっています。

 また、このGOOJODOQのスタイラスペンは、最近になってType-C充電にも対応したモデルが発売されたので、学校で配布された無印iPad第8世代でも使うことができます。(吸着充電はできません)

4.USGMoBi S13

 USB Type-Cの充電方式で、三つのインジケーターの光で充電状況を確認できます。また、書き心地も純正のApple Pencilとほとんど変わりません。このスタイラスペンの良いところは互換性の良さと、値段の安さ。互換性に関しては第6世代のiPadから最新のiPad Pro12.9インチまで使えるので、これ一本持っていれば、学校でも家でも使えるスタイラスペンです。また、値段も約2,500円ほどで買えるので、最高のコスパを誇るスタイラスペンといえるでしょう。

5.KINGONE

 USGMoBiと同じく、互換性とコストパフォーマンスに優れたスタイラスペンです。充電はUSB Type-Cとマグネット吸着式充電の2WAYで、書き心地も◎。私の教えている生徒が一番多く使用していて、故障などのトラブルも少なく、安心して使えるスタイラスペンです。値段も4,000円で、(旧モデルは約2,500円)なので、まずは1本買ってみるという人におすすめです。

 旧モデルの方は充電がType-Cだけですが、学校のiPadに対応し、値段も約2,500円と手ごろなのでこちらもおすすめです。

6.エレコム アクティブタッチペン

 こちらはChrome bookに対応したスタイラスペンとなっています。充電方式ではなく、電池方式となっています。1日90分の使用で半年間使えます。充電方式か電池方式かは好みの分かれるところかと思いますが、採用している電池が単6サイズで、あまりお店では見かけないサイズなので、そこは注意が必要かもしれません。Amazon等の通販では問題なく買うことができます。

 充電式で、iPad専用のモデルもありますので、こちらもチェックしてみてください。

7.Penoval USI 2.0 スタイラスペン

 USBType-Cの充電方式で、5分間の充電で9時間、50分間のフル充電で最大90時間使用可能という充電性能がかなり良く書き心地も問題ありません。iPadとの互換性は確認が取れなかったので、×とさせていただきました。値段は約7,000円と少し値は張りますが、Chrome book対応のスタイラスペンではかなり信頼のおけるぺスタイラスペンとなっています。

 Pixeltabletで問題なく使用でき、筆圧検知、パームリジェクションも問題なく機能していました。

Amazonで見る

数学のプリント無料ダウンロードはこちらから↓

投稿者プロフィール

管理者
管理者
現役で数学を教えている中学校の先生です。中学の数学のプリントやICT関連の情報、ブログでは道徳や学級レクのネタも発信しています。
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。